スペース暖シートは避難用に最適

■スペース暖シートは避難用に最適
スペース暖シートは避難用に最適です。
というのも、スペース暖シートは、125gという軽量で、折りたたむと雑誌一冊分までに収納できるという
超省スペースのものなんです。
それなのに、保温が、マイナス10℃の環境下で、体感温度が23℃
これなら、これからの冬に、何かあっても、スペース暖シートにくるまれば、寝ることができますね

そんなすぐれもののスペース暖シート
通販だと6000円でも買えないのに
アマゾンのスペース暖シート価格は5000円でお釣りがきます

posted by スペース暖シートはあったかい at 11:20 | Comment(0) | 日記

スペース暖シートとは

■スペース暖シートとは
スペース暖シートとは
おそらく、今話題の暖シートとは
NASA スペース暖シート ポカポカ「ストロング」2枚組(シングル)のことだと思います。
それもそのはず
なんと、わずか1mmの厚さで、電気毛布要らずの暖かさを実現してくれるスペースシートなんです。
人間の体温を反射して暖めるしくみになっている暖シートで、あのNASAが開発したハイテクな暖か毛布なんです。
実験では、外気温マイナス0℃でも体感温度23℃を確認しているようです。
posted by スペース暖シートはあったかい at 18:56 | Comment(0) | 日記

スペース暖シートの口コミ

■スペース暖シートの口コミ
スペース暖シートの口コミ
NASAが開発した「スペース暖シート」の口コミ事例を紹介します。
いつも、スペース暖シートをバックの中に入れています。
スペース暖シートの主な使用用途は、車のドライブ時の膝掛け、テントの中敷、安宿や長距離バス利用の際のブランケットなどに使っています。
スペース暖シートは、エマージェンシー用の携帯ブランケットにありがちな、肌触りの悪さも、少なく、これはかなりマシです。
スペース暖シートを使用する上での注意事項は、シートの裏表を間違わない事、顔を覆うように使わない事。これ大事です。

とのことです。
やはりスペース暖シートは、薄さからくる持ち運びの便利さがあるようですね

また、
スペース暖シートを、敷き毛布の代わりに使うと確かに温かい。
しかし、そうして毎日使うと耐久性がない。1シーズンで寿命と思ってください。
「電気毛布はいや、それでもよい!」という人ならお勧めです。

ということからも、家で使うものではなく、外出時に活用できるもののようです。

また、電気毛布では、寝ているときの喉がカラカラになってしまうのですが
このスペース暖シートは、そういったことが起こらないのも、いいですし
電気代も不要ですから、エコで電気代節約になります。
posted by スペース暖シートはあったかい at 11:25 | Comment(0) | 日記

夜行バスのひざ掛けに最適 スペース暖シートの用途

■夜行バスのひざ掛けに最適 スペース暖シートの用途
夜行バスのひざ掛けに最適 スペース暖シートの用途
わずか1mmという特性を活かした「NASAスペース暖シート」
どこにでも手軽に持ち運びできる特徴から、スペース暖シートの用途としては、
夜行バスのひざかけ
防災用品
キャンプ
スポーツ観戦のひざかけ
など多種多様!
posted by スペース暖シートはあったかい at 11:47 | Comment(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。